ホーム / ビューティー / 美肌ケア / どうして肌はテカるのか?

どうして肌はテカるのか?

肌がテカると困りますが、どうして肌がテカるのかというと、時間経過により、皮脂腺から皮脂が分泌されるからです。

基本的に脂性肌の人がテカりやすいのですが、肌が乾燥しやすい乾燥肌の人でもなりやすく、また、乾燥肌と脂性肌が入り交じった混合肌の人もテカりやすい傾向にあります。脂性肌の人は、生まれつき皮脂が過剰に分泌されやすい性質を持っているので、どうしてもテカりやすく、ニキビなどの炎症も起こしやすいです。

乾燥肌の人は、肌の角質層の水分量が低下していて、慢性的に水分が不足している状態なので、皮脂を分泌しようとしてテカりやすくなります。混合肌の人は、 脂っぽいところと乾燥しているところが入り交じっていて、慢性的な保湿不足になっています。

乾燥肌と同様、肌を乾燥や外的刺激から守ろうと皮脂を余計に出すので、テカるのです。他のテカりの原因としては、汗も考えられます。特に夏場は汗をかきやすいので、汗をかいていると顔がテカり、冬でも暖房が効いているオフィスでは、テカりが起こります。

汗をかくと化粧崩れの原因になり、化粧を厚塗りすることになります。

それでまた汗をかいて、皮脂の分泌を促すことになるので、テカりをさらに助長することになってしまいます。

著者について: