ホーム / ビューティー / 美肌ケア / 日焼け止め効果の持続時間

日焼け止め効果の持続時間

あるファンデーションがSPF30だったのでなんか物足りない感があったんですが、
この考え、思いっきり覆されました。恥ずかしながら誤解していました。

これまでSPFについて日焼け止めの指数でしょ、とそれ以上は知ろうともしておらず、
30より50の方が大きいんだからよりパワフルで効果的なんでしょ。と思ってました。
全くのハズレというわけでもなさそうですが・・・。

この数値の違いはものすごく簡単に言うと持続時間の違いだそうですね。
20~25分を1単位として計算して算出するんだけど、
今回は1単位25分で計算してみますね。

SPF30の計算式は30単位×25分で750分。つまり12時間30分。
SPF50の計算式は50単位×25分で1250分。つまり20時間50分。

これでお気づきかもしれませんが、SPF50は日焼け止め効果が20時間50分ということは、
ほぼ1日中日焼け止め効果が持続することになります。

多い分には良いのではとお考えになる方もいるかもしれませんが、
数値が高くなればそれだけ肌への負担も増すことになるんです。

なので、選ぶときは肌への負担も考えると良いようです。

著者について: